●ジャンクガレッジ

まぜそば(並)¥750 ★★★★

 埼玉より見参したのは「ジャンクガレッジ」である。「東京ラーメンストリート」唯一、汁そばでもなく、つけ麺でもない「まぜそば」を看板にする店だ。

 汁無しラーメンを総称して古くから「油そば」「脂そば」というジャンルが確立されているが、基本的には同類である。

 「まぜそば」という呼称を使い始めたのはこの「ジャンクガレッジ」が最初と言われているのでジャンクガレッジという店そのものが、比較的新しいこともあり「まぜそば」の方が「油(脂)そば」より最近の呼称であることがわかる。

 自分なりに分析すると「まぜそば」と「油(脂)そば」の大きな違いは以前からの「油(脂)そば」がトッピングも従来の汁そばである所謂ラーメンのトッピングに近く、チャーシュー・メンマ・ネギ・ナルト・海苔・煮卵など基本的なトッピングが従来の汁そばとほぼ同様で、店によってはそれに魚粉を加えたり、フライドガーリック・貝割れ大根などを プラスしたりして、 更に客の好みで、ラー油やお酢・ 香辛料などを加え自分好みにして食すスタイルが一般的である。一方「まぜそば」は基本は「油(脂)そば」同様従来のトッピング物をベースに、更に野菜(キャベツ・もやし)や生にんにく、生卵、チーズ、トマトなど、一部客の好みでそのトッピングの有無や増減の調整を受け付ける場合もあるものの、基本的に店側が薦めるトッピングでの食べ方が一般的だ。

 ラー油や醤油、お酢などは、人の好みによって違うものの、ラー油やお酢で各自調整することを前提につくられている「油(脂)そば」と違い「まぜそば」は店が最初から提供する味で味わうのが前提である。何もかけずに、お店が提供してくれた鉢の中をひたずら混ぜて食すのである。

ここ「ジャンクガレッジ」では、基本的な並の「まぜそば」を注文してみた。
 たまたま明日が休日ということもあり、無料トッピング(野菜、ニンニク、脂)の中から「ニンニク・脂」を追加してみる。

 写真を見て分かる通り、当然スープは見当たらない。
 フライドガーリックの横にはピザでおなじみのモッツアレラチーズのトッピング、器の底には濃いめのタレが潜んでいる。

 麺は、最近流行の「つけ麺」に見られるような「太麺・極太麺」で歯ごたえもあるモチモチの食感の麺を使用。
 トッピングはまるで「二郎チック」な「豚+微少キャベツと少し多めのもやし」に加え、フライドガーリック+カツオ節+モッツァレラチーズ+生卵黄+刻みネギがデフォルトトッピング。(特製を注文すると更なる具材のボリュームアップだけではなく、「もんじゃ」でくらいしか聞いた事が無い「ベビースターラーメン」も追加される)

 もちろん「まぜまぜ」して食べる。まるで韓国料理の石焼ビビンバのごとく混ぜ尽くすのだ。
 
 とにかく、ジャンキー、究極のB級グルメという人もいるほど一言では言い尽くせない味である。

 かなり粗めのミキサーにかけたような状態の食べ物が口の中に入り、味や香りやそれぞれの素材の食感が口中全体に広がるのだが、嫌味はまったくない。

様々モノが混ざっているが、それぞれの食材の味は食感も含め、その食材の味をしっかり感じる。

 ある意味不思議な感覚で、一瞬は確かに「旨い」とは思えないものの食べ進めるうちに結構イケルと感じてくるから面白いものだ。
「たまに無性に食べたくなる」というような「汁無しジロリアンチック」な一杯である。「二郎系」と呼ばれるラーメンに近いボリューム感が支配する。

 でも、さすが場所柄もあるのだろうが、所謂「二郎」というより「二郎インスパイア系」に見られる暴力的とも言える凶暴性は影を潜め、ある程度の上品さを保っていることも事実である。

 所詮「ジャンク」は「ジャンク」、また自らも店名で名乗るように「ジャンク」な一杯であることは間違いない。

 ただ、この一杯の経験でラーメンの概念が拡がったり、可能性を感じさせられると言っても、あながち大袈裟な表現ではないのかもしれない。

ラーメン日記

nanoも色いろ

iPod nano リンク
iPod nano リンク

Welcome to the site of MR. Father.

ご意見ご感想はこちらへ
ご意見ご感想はこちらへ

おいでやす!

 えっ、ペット違いやて?