●超ごってり麺 ごっつ(秋葉原店)

しょう油ラーメン ¥680
しょう油ラーメン ¥680

半端ない背脂は確かに「ごっつ」

 2012年7月30日OPENの新店。

 

 以前は「中華十八番」があった場所で、「ヨドバシAkiba」の近くである。

 

 亀戸にある人気ラーメン店の2号店のようで、店主は千葉の背脂ラーメンで名を馳せた「なりたけ」の出身という。

 

 初めてということもあり看板メニューの「しょう油ラーメン」をデフォルトの「すべて普通」で頼んでみる。

 

 二郎系ほどではないもののルックスはなかなかワイルドなガツン系。

 

 薄めのカットだが大判の柔らかなチャーシュー2枚とこんもり盛られた薬味のネギが印象的。 

 

 多めのネギの食感が甘みの強いしょう油とんこつスープに爽やかさをプラスする。

 

 デフォルトの具材は他に茹でもやしとメンマ、ほぐしチャーシューもちょっとあった気がする。

 

 スープ全体はしょう油の甘みと旨味が濃厚でコクのあるカエシにあっさりした豚骨スープを合わせてあり、スープそのもののくどさやしつこさは感じられず、濃厚出汁の割にはスッキリしている。

 

 菅野製麺所の極太縮れ麺との相性は良い。

 

 麺そのものの香りや、ゴワっとした中にもモチモチ感を感じる食感もバランスがとれていて旨い。

 

 そして、何と言ってもこの店の真骨頂は「背脂」。

 

 上質の背脂を使っているらしく臭みもなく甘みと香りが引き立ったものではあるのだが、量が半端ない。

 

 背脂量は「さっぱり(少なめ)」「ごっつ(普通)」「ごてごて(多め)」の3段階から選ぶ事ができ、初回という事もありデフォの「普通」にしてみたのだが、これは明らかに失敗した。 

 

「普通」と言っても他店で言うところの「多め」以上で、上質な脂で意外とあっさりしているとは言うものの、かなりの脂ギッシュな表面の脂層は1cm近くはあるのではないかというもの。

 

「少なめ」か」更にその半分量程度が常識的なところか… ただ、ガッツリ食べたい人にとっては更に¥100プラスで麺の量が2倍となるようでCPは格段にパワーアップする。

 

 ちなみに、この店、メニューのラーメン表記は至って普通だが、つけ麺メニューは「空(醤油ベース)」と「大地(味噌ベース)」のまるで北海道の食品通販業者か松山千春を連想させるネーミングに変わる…

 

 謎である…

ラーメン日記

nanoも色いろ

iPod nano リンク
iPod nano リンク

Welcome to the site of MR. Father.

ご意見ご感想はこちらへ
ご意見ご感想はこちらへ

おいでやす!

 えっ、ペット違いやて?