●談(五反田)

醤油ラーメン ¥750
醤油ラーメン ¥750

なかなか侮れない五反田立ち飲み屋のランチ麺!

 普段は「飲み処 談」として営業する立ち飲み居酒屋である。

 

  風俗店も多い五反田有楽街にあり、昼間であるにもかかわらず怪しげな店が建ち並ぶ。

 

 通りから路地風の細い道を1本入った小さな雑居ビルの1Fに看板等の店頭ディスプレイを見なければ、何屋なのかさっぱり解らないたたずまいの店がこの店である。

 

 ラーメンは昼のランチタイムのみのよう。この時間帯のみなのかもしれないが、店頭や店内に写真入りのラーメンメニューがたくさん貼付けられているので、ここがラーメン屋であることが分かる。

 

 メニューをざっと見てみるとラーメン系もあるが、つけ麺系の種類が多いようだ。中には、トマトつけ麺は聞いたことがあるが、他店ではあまり見かけない「イタリアントマト風つけ麺」なるメニューもある。

 

 確かに興味を引いたが、もともとつけ麺より汁そばのラーメンの方が好きということもあり、またこの店のベイシックな味を知るにはシンプルなメニューの方が良いと考え、「醤油ラーメン」を注文する。

 

 ¥750はちょっと高いかと思ったら、ランチタイムは大盛りか皿ワンタンが無料で選択でき、更に半ライスも付いてくるという。

 

 そう考えれば¥750は安い部類に入るかもしれない。スープは動物系と魚介系を合わせたWスープタイプでかなり濃厚でカエシの醤油の味も濃いめで魚粉なのか舌にザラツキ感が残る。まずくはないが、何かバランスがさほど良くなく、それぞれのスープ材料が個別に主張し合っているようで一体感に欠ける。

 

 麺は黄色みの強いツルっとした食感の中太縮れ麺。札幌ラーメンで使われる麺に近いようである。

 

 トッピングは肉厚の炙られたチャーシュー1枚とメンマ、若布、ネギに味玉が1個丸ごと投入。チャーシューは柔らかくなかなか旨い。

 

 サービスで付いてくる「皿ワンタン」は中の肉餡がギッシリ詰まった大降りのものが3つ入っており、上から餃子のタレ風のものが最初からかけられている。

 

 ライス付きなのでご飯のおかずにという配慮なのだろうが、タレがかかっていなければラーメンに投入して食べた方が旨いと思う。

 

 ただ、これらのセットをランチとして食すれば、満腹中枢だけは完全に満足させられるほどのボリューム感がある。

ラーメン日記

nanoも色いろ

iPod nano リンク
iPod nano リンク

Welcome to the site of MR. Father.

ご意見ご感想はこちらへ
ご意見ご感想はこちらへ

おいでやす!

 えっ、ペット違いやて?