●久慈清商店(中目黒)

チャーシューメン ¥800
チャーシューメン ¥800

中目黒で食す「岩手らーめん」

 中目黒駅近くの屋台風雰囲気の店。ラーメンだけでなく、おでんやつまみ類等の一品も豊富で、夜などは屋台風のラーメン・おでん居酒屋といった営業形態となる。

 

 昭和30年代を意識した店構えで、昼はラーメン・定食屋、夜は餃子やおでんを中心とした居酒屋で〆にラーメンというラーメン居酒屋として営業中。

 

 カウンターの椅子が丸太をくり抜いた椅子で重くて動かしにくく、座るのに苦労する。

 

 ラーメンは、「岩手らーめん」と称し、鶏ガラ、飛魚、鰹、野菜などを使ったあっさりした懐かしい鶏ベースのスープ。麺は昔ながらの中華そばでよく使われる黄色みが強い中細縮れ麺。

 

 普通のラーメンはシンプルにチャーシュー1枚にメンマ、海苔、ナルト、ネギといった中華そば定番のトッピングで、普通のラーメンは¥650。チャーシューを更に3枚追加で「チャーシューメン¥800」となる。1枚あたり¥50の計算である。

 

 チャーシューの厚みはそれぞれかなり差があり2〜5mmの範囲といったところか。タレの塩味がしっかり浸みた柔らかいものだが、切り置き後の保存臭が少し気になる。

 

 全体的にあっさり懐かしい中華そばに仕上がっており、飲んだ後の〆のラーメンとしては良いと思う。

 

 店名に「久慈」が入っており、「岩手ラーメン」を打ち出しているので店主は岩手県出身なのかと思っていたが、後で調べてみると、個人経営ではなく「あぐりグループ」の経営する店の1つであった。

 

 代表者は久慈 英朗 氏(AGURIのHPより)とあったので、代表者の姓から店名をつけたと思われる。

 

 ただ「久慈」の苗字は岩手県に集中し、久慈市では6番目に多い姓だという。おそらく代表者の久慈さんも岩手の出身なんだろうと勝手に解釈する。

 

 ちなみに「久慈清商店」の2Fに「与那原家」という沖縄料理屋があり(駒沢にも与那原家があるという)沖縄そばなども提供しているが、ここも同系列の「あぐりグループ」らしい。

 

他にも同じ中目黒で岩手の食材を売りにした鍋料理屋の「なべや久吉」、目黒川沿いのデザイナーズ居酒屋「AGURI GOOD MOON」、アットホームさを売りにした「Bistro庵Guri中目黒」、160席あるという渋谷の「庵GuRi 5566」も「あぐりグループ」だとか。

ラーメン日記

nanoも色いろ

iPod nano リンク
iPod nano リンク

Welcome to the site of MR. Father.

ご意見ご感想はこちらへ
ご意見ご感想はこちらへ

おいでやす!

 えっ、ペット違いやて?