●麺や 一期一会(神田司町)

醤油ラーメン ¥650
醤油ラーメン ¥650

個性には乏しいが丁寧に作られた上質な「中華そば」

 2012年7月30日オープンの新店。場所は神田司町、以前とんかつ屋さんだった跡地らしい。

 

 店内は非常にオシャレな今風の店作り。黒を基調とし一部にちょっとくすんだ落ち着きのある赤系統のアクセント、カウンター越しに見渡せる厨房のステンレスと相まってモダンなカウンターバーのような雰囲気もある。

 

 店頭には「本物の味 しょうゆラーメン」の幟旗が立っている。メニューも麺メニューは、醤油ラーメン650円、辛味噌ラーメン(ピリ辛)850円、広東めん850円、ねぎらーめん(ピリ辛)780円、もやしらーめん780円、チャーシューめん850円、冷やし中華(夏季限定)850円のラインナップ。 メニューの先頭は「醤油ラーメン」店頭の幟も「しょうゆラーメン」しか出ていないということは、一推しが「醤油」なのだろうと解釈し、「醤油ラーメン」を注文。

 

 ここは食券ではなく、後払いシステム。 「お待ちどうさま」と差し出された丼のビジュアルは、ドスレートの東京ラーメン「中華そば」タイプ。 鶏ベースのスープに醤油の香りが漂う。

 

 スープは雑味が少なくさっぱりしたキレのあるタイプ。透明感もある。上質な素材で丁寧に作られているのが良くわかる。

 

 麺は、中細縮れ麺で、いわゆる「中華そば」でよく使われるタイプ。喉越しも良く、懐かしささえ感じる昔ながらの中華そばそのものである。

 

 具材も中華そば定番の、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、ナルト、ネギのフルラインナップ。具材には特筆するものは無いが、値段を考えると具材がちょっと寂しい感じを受ける。

 

 なかなか旨い上質な一杯には違いないが、昔ながらの中華そばを提供する店としては、場所柄というより、店内内装や備品に金がかかっているためか、ちょっと高めの料金設定に思えてしょうがない。ズバリ¥580くらいなら、かなり受けるのではないか。

ラーメン日記

nanoも色いろ

iPod nano リンク
iPod nano リンク

Welcome to the site of MR. Father.

ご意見ご感想はこちらへ
ご意見ご感想はこちらへ

おいでやす!

 えっ、ペット違いやて?