●元気食堂(神田多町)

らーめん ¥700
らーめん ¥700

日本の二大国民食の二毛作店は日本を元気にできるか?

 2012年8月22日に新規オープン。以前「哲麺二十七代目」だあった場所。昼はカレー、夜はラーメンという2大国民食の二毛作店というスタイルであるそう。

 

 ラーメンは極太麺を売り物にしているらしく、つけ麺系や油そば系のメニューのみならず、汁物の「らーめん」も同じ極太麺を使用しているようで、通常の「らーめん」でも茹で時間がかかるためか、提供時間は長め。

 

 すべてデフォルトで「らーめん」を注文するとトッピングのの肉は、いわゆるチャーシューではなく、豚肉スライスを湯がいたもの。

 

 他に、茹でもやし、タマネギみじん切り、ナルトに申し訳程度の三つ葉が入っており、上からはパタパラと唐辛の粉末も最初からライドオン。

 

 メニューをよく見ると、無料トッピングで野菜、タマネギ、アブラ、ニンニクが、基本は全て入っているものの、好みに応じてそれぞれ増量や抜きにも対応するらしい。ちょっとシステムが二郎っぽい。

 

 この店一推しらしいボソットした食感の極太麺も、どこか二郎系に通じるもののあるが、スープの味の傾向はかなり違う。

 

 甘めの醤油が立ったカエシは、二郎系に近い感じもするが、スープは豚骨と魚介のWスープだが、魚介系特に節系の香りがかなり際立つ。魚介系をまず出すことがない二郎系との大きな違いである。 

 

 極太麺をラーメンとして。食べさせるには確かに濃いめの味付けでないとキツイ面もあるが、かと言ってこれはデフォルトでは塩分濃度を含めあまりにも濃すぎる。ほとんど、ちょっと薄めのつけ麺のタレそのものである。

 

 汁そばとしてスープを味わうには、かなり厳しいものがある。野菜やタマネギを増し増し状態で、ドバっと追加すれば、薄まってちょうど良くなるのかもしれないが、デフォルトでこの濃さ、しょっぱさは、キツイとしか言いようがない。

 

 でも、カウンターの隣のお客さんも同じものをたまたま注文していたのだが、彼は、スープまですべて完食し「ごちそうさま」と涼しい顔で帰って行ったのだから。人の好みは千差万別ということなのか…。

ラーメン日記

nanoも色いろ

iPod nano リンク
iPod nano リンク

Welcome to the site of MR. Father.

ご意見ご感想はこちらへ
ご意見ご感想はこちらへ

おいでやす!

 えっ、ペット違いやて?